【salon】濃いヒゲがコンプレックス・・・髭が濃くなる原因とは?

日頃よりsinwa salonをご利用・ご愛顧いただきありがとうございます。

今日は、男性の思春期になぜ髭が濃くなってしまうのか、その原因をご紹介します!

「剃ったり抜いたりしたら、髭が濃くなる」というのは聞いたことありますか?


実はこれは医学的根拠がなく、正しいとは言えません💦

おそらく、毛先の細い部分を剃った後に根元の太い部分が見えてしまうことから、
「毛が濃くなった」と感じてしまい、その話が広まったのだと思います。

医学的に、実際に髭の濃さに関わっているのは、男性ホルモンの分泌量と言われています!

ここでは男性ホルモンと髭の関係についてご紹介します。

私たちの体内では様々なホルモンが作られており、それらがバランス良く働くことで
健康な心と体を保つことができています!
私たちは、脳の視床下部、甲状腺、膵臓、副腎皮質、副腎髄質、卵巣、睾丸などで作られている
男性の性のホルモンを「男性ホルモン」と呼んでいます。
なかでも睾丸で作られるテストステロンは骨や筋肉を増強し、発毛にも関わりがあるホルモンです💪

男性ホルモンであるテストステロンは、毛乳頭細胞にある受容体と結びつきますが、
このときに「酵素」によって活性化されます。
この酵素は、頭頂部や髭などの限られた毛乳頭細胞にあり、
頭髪の発毛を抑える作用と、髭の発毛を促進する作用があるります!

このことから男性ホルモンであるテストステロンが増えれば、
髭が濃くなり、少なくなれば、髭は薄くなるということが言えます。

少し難しいですが、医学的に解明されている原因は
男性ホルモンにが増えるにあたって、髭が濃くなると言えるのです。

男性ホルモンが増える時期としては、中高生の頃の思春期があります。
思春期の頃、髭が濃くなってきたと思いますが、男性ホルモンの増加による効果だと言えます!

健康な身体を保つには大切なホルモンですが、濃いヒゲがコンプレックスという方は
ヒゲ脱毛でコンプレックスからの解消を目指しましょう

sinwa salonのヒゲ脱毛はお得なメニューやキャンペーンが御座いますので、
少しでも検討中の方は是非1度、料金表をご覧ください😊

その他のブログ&お知らせ

TOP